Dropbox

実は一度、https化を止めてhttpオンリーに戻そうと思いましたが、このブログのGoogleでの検索結果がすでにhttpsになっていたので後戻りはしないことになりました。

[ アマゾン・アフェリエイト対策 ]
正しい方法かどうかは分かりませんがhttps://rcm…の部分を//rcm…に書き換えるとリンクが表示されるようになります。ウィジェットなどの固定部分は手作業で書き換え。記事中のリンクはWordpressのプラグインを書いてダイナミックに書き換えを行うことにしました。安全性、信頼性を保証出来ないのでプラグインは非公開とします。
他にもセキュアでない要素が残っていますが、ぼちぼち対応していくことにします。

[ Lets Encrypt証明書再取得 ]
再取得も新規取得も手作業であれば同じ事ですが、前回の記事を書いた後に随分と便利なクライアントが数多く公開されました。今回はそのなかの一つであるzerosslを使用してみました。Linuxの実行環境など必要なくwebサイトの画面に従うだけで簡単に証明書を作成出来ます。私が行った流れを簡単に紹介しておきます。

  • https://zerossl.com/ を開く
  • CREATE ONLINE
  • FREE SSL Certification Wizard – START
  • Details – Domains を設定、わたしの場合は www.nkozawa.com を使用。HTTP verificationを選択、Accept ZeroSSL TOS, Accept Let’s Encrypt SAにチェックを入れる -> NEXT
  • Include non-www version too? のダイアログにNoを答える。これをYesにするとnkozawa.comも証明書の対象になる。
  • 念のためCSRをコピー – NEXT
  • 念のためPrivate Keyをコピー – NEXT
  • Verification – 前回の記事と同様に指定された内容のファイルをwebサーバー上にセット。ファイル名をクリックして正しくファイルが設定されたかどうか確認。- NEXT

以上で証明書が作成されます。最後の画面のPRIVATE KEYとCERTIFICATEをCORESERVERのSSL設定に書き込みます。

  • PRIVATE KEYをプライベートキー[パスフレーズ無し]にコピー
  • CERIFICATEを発行された証明書(必須)にコピー
  • 発行された中間証明書(任意)に上でコピーしたものの後半部分のCERTIFICATEをコピー。実際にはわたしの場合は前回設定したものと同じでした。

あとはGoogleカレンダーに次の更新予定を書き込んで終了です。

Trackback

only 1 comment untill now

  1. […] ** ZeroSSLを使用した新しい記事を書きました。 […]

Add your comment now