Dropbox

GoProを使い始めて約1年になります。設定などは先人たる世界のFPVドローンパイロット達が公開している設定を真似て使用していました。カラーは当然の如く皆さんFlatを使用しています。出来るだけ情報量を多く記録しておき編集で好みの色合いに設定するわけです。完全に素人なので、その編集でカラーコレクト(ノーマライズ)する方法も色々な人が公開している方法をかいつまんで行っていました。概略を言うとパレード図というのを出してColor Wheelsでレンジを広げたり黒いところ、白いところを基準に合わせて行くみたいな感じでした。これが次のYouTubeを見てまったく違うやり方になりました。

全然、用語も知らないし、同じDaVinci Resolveなのに見たことのない画面やテクニックで驚きます。この動画が始まってすぐに、まあとりあえずLUTは当てときましょうって言ってます。LUTって何?状態です。どうもカメラ毎のLog映像に合わせたプリセットらしいです。ところがDaVinci Resolveの画面を見てもGoPro Flatというのが見つかりません。ググってみるとGoPro用のLUTなどもネット上にあるようですが、DJI_Phantom4_DLOG2Rec709というDaVinci Resolveに最初から入っているものを適用しても良い結果が出るという情報を見つけました。

試してみると、驚くほど綺麗に仕上がります。先の動画だと、これをベースにもっといじるまでが基礎の基礎らしいです。見様見真似でやってみてはいますが、撮影条件やGoProのモデルにもよるでしょうけど、わたしの技術的にはLUT適用だけでも大差が無いかもしれません。詳しい手順は先の動画を見ていただくのが良いですがLUT適用のところだけ画面を紹介しておきます。

カラーの調整はColorタブの中のノードに対して行います。ノードを右クリックして目的のLUTを見つけたのが上のスクリーンショットです。

先の動画の説明にあるように他のカラー要素をいじるときには要素毎にノードを追加して行うとノード毎にリセット出来るのでやり直しが簡単になります。ノード上で右クリックしてAdd Node/Add Serialを行うと良いでしょう。

複数クリップに同じ調整をするのにはAdjustment Clipを使うなどという話しもしたいところですが、長くなりますし、探すとすぐにやり方は見つかると思います。

実際にLUTを適用したわたしの動画を紹介しておきます。最後の方は、さらに微調整に挑戦していますが、実のところLUTを適用しただけのものと大差がない気がします。

今までさほど気にならなかったのですが、一昨日(2019/10/23)に1080/60FPSの動画をアップロードしたところ、ディテールが潰れてしまいました。

木の枝がもやっとしています。オリジナルの画像では、枝のひとつひとつが識別出来ます。おそらくはYouTubeが動画を再エンコードしているものと思われます。もう少し綺麗にならないものかと、動画編集ソフトでの出力時にビットレートを元動画の倍くらいまで上げてみましたが、ほとんど差はありませんでした。

最終的には動画編集ソフトにて、もともと1080/60FPSだった動画を4K/60FPSにアップコンバートしたものをYouTubeにアップロードしてだいぶ改善されました。

キャプチャーでは芝生が、まだ潰れていますが動画で見るぶんにはまずまずの結果で満足しています。ということで、YouTubeの画質に問題がある場合は解像度を上げると良いかもしれません。元が4Kの場合はどうしたら良いものか、、、

追記) 以上の事柄は経験的に導き出されたものですが、より的確な解説が以下のブログにてなされていました。この現象は1080P特有のものだそうです。ということで、最後の私の疑問”元が4Kの場合は、、、”は問題ないということですね。
ソラモノナド 「Youtubeに高画質動画をアップロードするには」

最近はFPVドローン(いわゆる、レースドローン)ばかりを飛ばしています。FPVドローンでは動画を撮影するわけですが、動画だけではなく切り出した写真を公開することもあります。模型飛行場で飛ばした動画をチェック中に、飛行場の全景を写真として切り出したいと思いました。飛ばしている時は、そんなことは考えていなかったので部分的なショットしか得られませんでした。そこで思い出したのがMicrosoft ICEというソフトウェアです。これを使うべく、材料として使用する写真を何枚か用意してICEを立ち上げてみると、New Panorama From Videoというボタンがあるではないですか。

ということで、切り出した写真を使うのをやめて、ビデオを読み込ませてパノラマ写真にしてみました。手順は簡単です。New Panorama From Videoで元となるビデオファイルを指定します。パノラマにする部分だけにトリムして読み込ませるといきなりパノラマ合成が出来ます。長いビデオを読ませると、パノラマ合成をする部分を手動で指定するための画面が表示されます。

パノラマ合成されたあとは細かな調整を行いパノラマ写真をexportします。このあたりの詳しい手順については「DJI Spark スフィア撮影(360度パノラマ)したものをVR化する / How to make 360VR picture from DJI Spark spherical pano pictures」をご覧ください。

空撮に限らず、アクションカムで撮影している時にゆっくりとパンしながら景色を撮影しておけば、あとからパノラマ写真にすることも出来ます。これは一度試してみる価値があると思います。オススメです。

よく見るとスティッチが破綻している部分もありますが、全体を俯瞰したいという目的は十分に得られます。これだけ使い勝手が良くて良い結果が得られるアプリケーションが無料で公開されているのはありがたいことです。

Apple Musicについて今更説明の必要は無いでしょう。そのApple Musicの中国版が他の国と比べて格安であることを知りました。

個人 ファミリー 学生
日本のApple Music 980円 1480円 480円
中国のApple Music 10元(約163円) 15元(約244円) 5元(約81円)

安いなんてものでは無いです。10元だと中国ファミマの薄いコーヒー一杯の値段です。中国在住者ならば加入しておいて損は無いでしょう。

Apple製品を使用していれば、みなさんApple IDを持っていることと思います。ところがApple IDは国ごとに違っています。例えばiOSのApple Storeは国によって登録されているアプリケーションが異なりますので、中国だけでしか公開されていないアプリケーションをダウンロードするために中国のApple IDを作成されているかたも多いと思います。

中国のApple Musicに加入するためにも中国のApple IDが必要です。ということで私も中国のApple IDを作成するところから初めました。

国外のApple IDの作り方は「シャンハイリンゴ」に詳しく書かれていますのでご参照下さい。

最初、カードなどの支払い方法を指定しないままApple IDを作りましたが、このままではApple Musicの試用期間も開始することは出来ませんでした。まずはお手軽な支付宝(最近話題の小額決済システム)を紐付けしようとしましたが、何故かうまく行きませんでした。またiTunesカードの登録も試そうとしましたが、登録する前に中国の身分証番号による実名登録が必要でした。最終的には銀聯カード(中国国内の普通の銀行カード)を紐付けして無事にApple Musicを使用できるようになりました。

Apple Musicの内容も国ごとに違うようです。中国のApple Musicは中国ポップスには当然強いですが、日本の曲は入っていますが極めて少ないです。洋楽については豊富なようですがバンド名、曲名が中文になっていたりするので慣れないとちょっと大変です。

ちなみにApple MusicはAndroid携帯電話用のアプリケーションもあります。Apple製品を一切持っていない方でも楽しむことが出来ます。

中国航空博物館の敷地の中央には、滑走路跡を利用したと思われるプロムナードがあります。その北の端に大きな格納庫を利用した展示館があります。航空機の兵装や搭載レーダー、近代的な戦闘機など盛りだくさんで20元の入館料はお得です。

撮影したほぼ全ての写真はFlicrkのアルバムChina Aviation Museumでご覧いただけます。

関連記事:
中国航空博物馆その1 – 行き方編
中国航空博物館その2 – 屋外展示
中国航空博物館その3 – 展示館1

IMG_20170219_131246

IMG_20170219_130554

IMG_20170219_130740

中国航空博物館には展示館が2つあります。特に名前はなかったと思います。それぞれ入場料が20元必要ですが、どちらも見ておいて損はありません。そのうちの最初に訪れるであろう、敷地の南側に位置する展示館の中で印象に残った展示を紹介します。Flickrのアルバム”China Aviation Museum”に沢山の写真をアップロードしていますので興味があれば、そちらも御覧ください。

関連記事:
中国航空博物馆その1 – 行き方編
中国航空博物館その2 – 屋外展示
中国航空博物館その4 – 展示館2

IMG_20170219_105951

入り口を入って道なりに右の方(東)に進むと、右手にミグらしきものが並んでいるところがあります。それを見るためにさらに右に曲がると(南)展示館の入り口があります。現地では気付きませんでしたが後からGoogle地図で確認すると建物全体が木々の緑で覆われています。どうも元はカモフラージュされた施設だったようです。

入ってみると最初は中国の博物館に良くあるパネル展示による歴史や現在の航空産業および空軍の紹介ばかりでした。20元損したかもと思いながら進んでいくと実機もあったり大量のジェットエンジンが置いてあったりします。

まあ、こんなものかと足を進めると突然、広大なスペースに所狭しと飛行機が並んでいるエリアに出くわして驚きます。これは20元払う以上の価値があります。

IMG_20170219_111225

撃墜マークの星が沢山付いたMiG-15 #china #beijing #mate9 #china_aviation_museum #中国航空博物馆

Nobumichi Kozawaさん(@nkozawa)がシェアした投稿 –

北京の北の外れにある中国航空博物館の見どころをかいつまんでお知らせします。

関連記事:
中国航空博物馆その1 – 行き方編
中国航空博物館その3 – 展示館1
中国航空博物館その4 – 展示館2

とにかく保有機の数が圧倒的です。特別な予備知識はなくても、ずらりと並んだ航空機を眺めるだけでも価値があります。多くの機体には中国語と英語で説明が書かれていますので、より深く航空機について知りたい人も満足できます。

まずは屋外展示から、わたし的に心ときめく機体の一部を紹介します。因みに、この広大な屋外展示エリアへの入場は無料です。

以下、インスタグラムからの画像の読み込みです。インスタグラムにアップロードしていない写真を含めオリジナル画質の写真はFlickrのアルバム”China Aviation Museum”を御覧ください。

Hawker Siddeley Trident 全体像、けっこうカッコ良い #china #beijing #mate9 #china_aviation_museum #中国航空博物馆

Nobumichi Kozawaさん(@nkozawa)がシェアした投稿 –

空警一号 Tu-4 (B29のコピー)を改造した早期警戒機 #china #beijing #mate9 #china_aviation_museum #中国航空博物馆

Nobumichi Kozawaさん(@nkozawa)がシェアした投稿 –


昔、北京に住んでいましが中国航空博物館(リンクは准公式っぽいとこ)の存在を知りませんでした。というか、今朝まで知りませんでした。突然、時間が空いたので一度も行ったことのない北京の軍事博物館に行ってみようと下調べしている時に発見しました。なんでもミグが触り放題とか。これは行かずにはいられないのですが、ちょっと躊躇する点は北京の北の方、かなり郊外にあるということです。それでも行く価値はありますので、ご紹介したいと思います。まずは行き方編です。

関連記事:
中国航空博物館その2 – 屋外展示
中国航空博物館その3 – 展示館1
中国航空博物館その4 – 展示館2

[ 住所 ]
北京市昌平区小汤山镇 というあたりです。百度地図などで中国航空博物馆を検索すれぱ直ぐに見つかります。
別の博物館で北京航空博物館というのもありますので、お間違いの無いように。そちらも、そのうち行ってみたいと思っています。

Googleマップで見るとこんな感じのところです。広大な敷地に飛行機が並んでいるのがわかります。この飛行機の周りを至近距離で歩き回れるんです。マニアなら、これを見ただけで行きたくなるでしょう。
どうも滑走路があったように見えるので、飛行場だったのでしょう。今でも軍の管理下に有るようでゲートには兵隊さんらしき人が警備しています。

[ 行き方 ]
私は地下鉄とバスで行きました。北京の中心部からはたっぷり二時間かかります。
– 地下鉄5号線の北の終点「天通苑北站」まで行きます。
– バス643路に乗り「阿苏卫站」で降ります。下のバス停です。多分、料金は3元くらいでしたが、距離によって料金が変わる路線です。わたしは交通カードだったので、乗る時と降りる時の両方でカードを読ませました。現金の時はどうするのか良く分からなかったです。

– 後は徒歩1Kmほどです。下の写真のような道を北に向かうとだいたい到着できます。寂しい道で心配かも知れませんが自分を信じて歩いてください。

博物館の前に出ると、駐車場に車が溢れていて、ちょっと安心。日曜日なのに誰も来ないとこで、寂れていたらどうしようと思いながら歩いていました。

玄関に到着。日曜日で天気も良いことも(空気はあまり良くないけど)あって、結構な人が来ています。みなさん、車で来ているみたいでした。

車止めとかに置かれているポールが航空博物館らしい形です。

avcontroller
三年ほど前からYAMAHA RX-V473という比較的安価で購入できるAVアンプを使用しています。普通に付属のリモコンで使用して何も不自由を感じていませんでしたが、最近になって携帯電話に導入するAV CONTROLLERというアプリケーションを試してみました。

最初は付属のリモコンと出来ることに差は無いように思えましたが、我が家の環境では実に使える役割があることに気付きました。

[ Android/iOS端末内の音楽再生 ]
もともとAirPlayに対応しているのでiOS端末内の音楽再生はAV CONTROLLER無しでも可能なのは分かっていましたが、AV CONTOLLERで接続していると端末内の音楽再生がAirPlayを使わずに行えます。Android端末でも可能なのは、ちょっと驚きでした。これはもうリモコンの機能を超えています。もっと宣伝して良い機能だと思います。

[ DLNAサーバーの日本語表示 ]
最近になって我が家ではDLNAサーバーを設置して音楽や動画をサーパーにおき、色々な端末から再生出来るようにしました。AVアンプ接続のAndroid STBにもKodiを導入して動画や音楽を再生出来るようしています。ただ音楽を聴く場合にはRX-V473のDLNAクライアントを使用した方が明らかに音が良いです。STBからだとHDMI経由ですし、これは当然でしょう。問題はRX-V473からテレビに情報を表示する場合には漢字が全く出ないので日本語、中国語の楽曲がまったく分からなくなってしまいます。これが携帯端末に入れたAV CONTROLLER上ならば全く問題なく漢字の表示が出来ます。

端末内音楽の再生にしてもDLNAサーパー接続にしてもテレビ画面はまったく必要ありません。付属リモコンを使用する場合は何にしてもテレビの電源も入れる習慣が付いていましたが、もう音楽再生の場合はテレビの電源を入れずにAndroidもしくはiPadだけで行うようになりました。

 新しいのが欲しいなぁ

上海の浦東空港にあるSIMの自動販売機で色々な国用のSIMが、そこそこお手軽な価格で購入できます。

snailmobile

日本向けのSIMを試しに使ってみましたので、その概要について書いておきます。取扱SIMは随時変わっている可能性もありますので、最初にお断りしておきます。

購入したのは「日本免卡七日流量卡」というSIMで70元(1000円ほど)のものです。中身は真っ白なSIMカードに電話番号と有効期限(2016/10/31、意外と短い)の印刷されたシールが貼ってあるものと、説明書、SIMアダプター(ピン付き)でした。SIMカードの大きさはナノで、中国でよく売っているカバー付きのSIMアダプターが付属しています。APNを手入力する必要があるのでiOSデバイスでは予めAPN設定ファイルをダウンロードしておかないといけません。

snailmobilejapansim

接続されるネットワークはDocomoのLTEでした。APNはmmtmobileから始まるものです。LTE接続で、とても速いと喜んでいたのですが、3日目くらいから極端に遅くなりました。改めて説明書を読むと流量が1GBを超えると速度制が256kbpsに制限されるとのことでした。まったくの感覚なので確かな話ではありませんが、かつて速度250kbpsのヨドバシSIMを使用していた時よりデータの流れが悪いような気がしました。安いですし、どうしても速度低下が嫌な場合は二枚買っておく事もできますね。