Dropbox

机の上に置くLEDスタンドライトを小米の通販で購入しました。値段は169元と買いやすい値段ながらシンプルで美しいデザインです。

LEDライトなのでコンセントをさしてスイッチを入れれば、当たり前のように使えます。ところが、そこは小米、LEDライトなのにWiFi接続して携帯電話からのコントロールが可能になっています。オフオンとか明るさくらいだと、ぜんぜん有り難みは無いのですが、このLEDライトは色調も変えることが出来るものです。携帯電話のアプリケーション(小米機器に共通のアプリケーションです)を使用すると状況に応じたプリセット値に設定することが可能になります。色調の調整はダイヤルでも可能です。

上の写真は携帯電話の自動モードで撮ったので補正が入ってしまい違いが分かりにくいですが、実際には右側のモードではかなり暖かみのある色合いになっています。

LEDは白いものと赤みかがったもの入っていて、その組み合わせで色調がコントロールされています。

電源はACアダプターになっていて入力は100-240V, 出力は12V0.5Aのものが使用されています。

[ 宣伝です ]
みなさん大好きな小米製品の商品リンクとクーポンコードを書いておきますので、ご自由にお使いください。クーポンコードおよび価格は2017年2月17日のものです。品切れ、期限切れや価格の変動にはご注意ください。

商品名とリンク クーポン価格(USD) クーポンコード
Xiaomi Mi TV Box- International Version 74.99 GBMIBOX2
尊享版 XiaoMi Mi5 394.99 Mi5ABG
标准版 Xiaomi Mi5s 324.99 Mi5sGAB
高配版 Xiaomi Redmi Note 4 国际版 MIUI 8 197.99 Note4AB
Xiaomi Air 12 Laptop 539.99 Air1216

[ 宣伝です ]

今回はカテゴリー毎のクーポンの提供です。

カテゴリー クーポンコード 割引率 クーポンコードの期限
携帯電話 GBMBP 13% 2017.4.30
タブレット
GPD WINもあります
GBTPC 13% 2017.4.30
ガジェット類 GBCE 13% 2017.4.30
工具
3
Dプリンターもあります
GBTE 13% 2017.4.30
PC周辺機器 GBCNA 13% 2017.4.30


昔、北京に住んでいましが中国航空博物館(リンクは准公式っぽいとこ)の存在を知りませんでした。というか、今朝まで知りませんでした。突然、時間が空いたので一度も行ったことのない北京の軍事博物館に行ってみようと下調べしている時に発見しました。なんでもミグが触り放題とか。これは行かずにはいられないのですが、ちょっと躊躇する点は北京の北の方、かなり郊外にあるということです。それでも行く価値はありますので、ご紹介したいと思います。まずは行き方編です。

[ 住所 ]
北京市昌平区小汤山镇 というあたりです。百度地図などで中国航空博物馆を検索すれぱ直ぐに見つかります。
別の博物館で北京航空博物館というのもありますので、お間違いの無いように。そちらも、そのうち行ってみたいと思っています。

Googleマップで見るとこんな感じのところです。広大な敷地に飛行機が並んでいるのがわかります。この飛行機の周りを至近距離で歩き回れるんです。マニアなら、これを見ただけで行きたくなるでしょう。
どうも滑走路があったように見えるので、飛行場だったのでしょう。今でも軍の管理下に有るようでゲートには兵隊さんらしき人が警備しています。

[ 行き方 ]
私は地下鉄とバスで行きました。北京の中心部からはたっぷり二時間かかります。
– 地下鉄5号線の北の終点「天通苑北站」まで行きます。
– バス643路に乗り「阿苏卫站」で降ります。下のバス停です。多分、料金は3元くらいでしたが、距離によって料金が変わる路線です。わたしは交通カードだったので、乗る時と降りる時の両方でカードを読ませました。現金の時はどうするのか良く分からなかったです。

– 後は徒歩1Kmほどです。下の写真のような道を北に向かうとだいたい到着できます。寂しい道で心配かも知れませんが自分を信じて歩いてください。

博物館の前に出ると、駐車場に車が溢れていて、ちょっと安心。日曜日なのに誰も来ないとこで、寂れていたらどうしようと思いながら歩いていました。

玄関に到着。日曜日で天気も良いことも(空気はあまり良くないけど)あって、結構な人が来ています。みなさん、車で来ているみたいでした。

車止めとかに置かれているポールが航空博物館らしい形です。

[ 宣伝です ]
GearBest.comからセールスのお知らせが来ました。今回は小米が中心です。商品リンクとクーポンコードを書いておきますので、ご自由にお使いください。クーポンコードおよび価格は2017年2月17日のものです。期限切れや価格の変動にはご注意ください。

GearBest春セールのリンクも貼っておきます。携帯電話以外にもPCや周辺機器、ドローンなどもあります。

Huawei Mate 9のカメラでシャッターボタンを長押しにすると連続して写真を撮影するが出来ます(長押し機能は設定により変更も可能ですので、もし連写出来ない場合は右側にある設定を確認)。

動物や小さな子どもの様子などシャッターチャンスを決めにくい被写体を連写して後からギャラリーの中で良いものだけを保管するのに便利な作りになっています。

そのまま連射された写真をつないで、コマ送りの動画にするのも楽しいです。実は連写した写真を放置していたらGoogleフォトが勝手にアニメーションGIFにしあげてくれました。それがなかなか面白いものになりました。

連写枚数は100枚までです。実測したところ100枚撮り終えるのに必要な時間は4.7秒ほどです。一秒あたり20枚というのは、かなりな連写能力と言えるでしょう。

ちょっと見たところ、ひとつひとつの写真に特に劣化もみられません。大したものです。このワザは覚えておいて損はないでしょう。

[ 宣伝です ]

縁あってGearBest.comのクーポンコードが貰えるようになりました。商品リンクとクーポンコードを書いておきますので、ご自由にお使いください。クーポンコードおよび価格は2017年2月11日のものです。期限切れや価格の変動にはご注意ください。

  • Lenovo ZUK Z2
    coupon:4GXIMI,flash sale:189.99ドル
    coupon price:177.99ドル coupon code: 4GXIMIS
  • Xiaomi Redmi Pro
    coupon:RPXM,coupon price:189.99ドル
  • MEIZU M3S
    coupon: M3SGGB,coupon price:99.99ドル
  • Huawei Honor 8 4G
    coupon: HuaweiS coupon price:349.99ドル
  • Xiaomi Mi Note 2 全球版 – 小米のCurved Screen(液晶の縁が丸いやつです)の端末。小米之家で見てきましたが美しい画面でした。全球版ということはGlobal ROMなのでしょうね。
    coupon code: NoteSXM coupon price: 649.99ドル
  • 高配版 XiaoMi Mi5  – 小米5の高配版(3GB RAM, 64GB ROM)、私も使っています。かれこれ一年近く使用していますが、まだまだ現役として使い続けるつもりです。
    Flash sale price: 339.99ドル

Huawei Mate 9はLEICAロゴを冠したカメラ機能一押しの携帯電話です。実際、私自身とても気に入ってカジュアルに撮りまくっています。写真について語るほどの見識はありませんので、わたしが撮影した写真をいくつか例として紹介するに留めます。

なんと言ってもProモードが”使える機能”です。カメラを起動したら下から引き上げるようにするとProモードのメニューが出ます。詳しくは書きませんが、カメラを少し知っている人なら納得の機能がそこに現れます。もし実機を触る機会があったらぜひ試して欲しいです。

生写真を貼っていますので、少々重いです。

日の出の写真です。フルオートだと見た目より明るくなってしまうので-1.7evにしています。

Mate9では劣化が少ないと言われている2倍ズームにすると、ここまで寄ることが出来ます。

映画館の上映前、足元も見えないくらい真っ暗な状態での撮影です。左側に指かカバンの紐が写り込んでいるのも気づきませんでした。

月が赤かったのでカジュアルに手持ちで撮影。これも明るさにリアリティを出すために-1.7evにしています。

作例としては今ひとつですが、評判の良いモノクロームでの撮影です。

軽く逆光状態での撮影です。今どきの携帯電話なら、同様に撮影できると思います。

三脚で固定すれば星空も写せます。露出2秒、-2.0ev、マニュアルフォーカスで撮影。フォーカスのスライドバーを一番右にしたらピンぼけになった気がします。10分ほどしか試せなかったのでベストとは言えないです。星がよく見えるところでじっくり試してみたい。

EOS Mと比較するための写真。

EOS Mで撮影した写真。生だとファイルサイズが三倍以上違うのでMate9と同じくらいに小さくしてみた。そのためPhotoShop ElementsのJPEG圧縮の特性が出てしまっている。それでも、やはりカメラのセンサーとかレンズは凄いって思えます。

iwown i5がとても気に入っていましたが、もう少しメッセージの文字数が多ければ良いなと何時も思っていました。そのうち新製品が出るだろうと気長に待つつもりが何時の間にかi6 pro発売されていることを日本のwebサイトで知りました。ということで、概要やレビューは日本語で探すことが出来ますので、ここではファクトリーリセットの方法について書いて置きます。手順についてはtwitterで別のユーザーさまに教えて頂いたものです。

長時間、携帯電話とi6 proを離しておいたり、朝起きた時など携帯電話との接続が外れていることがままあります。多くの場合は、携帯電話のBluetoothのオフオン、もしくはアプリケーションで接続解除し、再度ペアリングで元に戻ります。再ペアリングは何度か試さないとダメなこともあります。

一度だけ、どう頑張っても接続解除後のペアリングが出来なくなった事があります。i6 pro自体はアプリケーションから見つかるのですが、ペアリングが出来ません。本体の電源オフオン、携帯電話の再起動も効果が無いのでi6 proの電池が放電し切るまで待つしかないかと考えていたところtwitterでリセットの仕方を教わりました。

[ リセット手順 ]
– i6 proの電源を切る (Function->Power off長押し)
– 画面長押しで電源オン、そのまま画面にタッチし続ける、バイブが三回起動したらリセット完了

これでペアリング出来ない状況から回復することが出来ました。

紙飛行機を自由に操縦したいというコンセプトで開発されたPowerUp。その第二弾であるFPV搭載モデルのKickstarter版を入手しました。手に入ったのは12月のことでしたが、いろいろあってやっと初飛行にこぎ着けました。

単独でも飛行可能な紙飛行機(Invadorという名前です)にパワーユニットを装着して飛ばします。パワーユニットはドローンで定評のあるParrot製です。


まずは組み上げて室内テストを行いました。

ついでにモーターの慣らしとバッテリーのテストを兼ねて予備を含めて7個あるバッテリーが空になるまで、色々な速度でモーターを回しておきました。

風の弱い日を選んで近所の公園に出掛けました。50m x 70mくらいの広場なので、なんとかぎりぎり飛ばせる広さと思います。


30分ほど飛ばしていて、この一回だけ満足な飛行が撮影できました。パワー的には十分飛ばせるのですが、有り余るほどの力はありません。そのためエレベーターを的確に調整するのが重要だと感じました。紙を折っただけですので、飛ばす度に点検が必要です。紙飛行機ですので左右の翼のバランスは微妙にずれていると思いますが、自動的に2つのプロペラの出力が調整されて、まっすぐに飛びます。安全な高度に上げることさえ出来れば安定しているし操縦性もかなり良いです。

最後は泥だらけになってしまったので飛行機本体はゴミ箱に捨ててきました。紙ですからね、使い捨ですね。また次の機体を折るだけです。

飛ばした感じは、ドローンの飛行とは当然違います。昔、飛ばしていたエンジン付きのRC飛行機ともまた趣きが違ってなかなか面白いです。

もうちょっと簡単に高度を稼げる機体を自作してみようかとも考えています。


これは機体に搭載されたFPV用カメラの画像です。オマケで最後は街灯に激突しています。