Dropbox

CX-10WD

以前、紹介したCX-10Dの兄弟機であるCX-10WD-TXを紹介します。カメラが搭載されている分だけ本体がずんぐりしていますが、それでも重量は17gしかありません。手のひらサイズでしかもFPV対応と欲張ったスペックです。

カメラの画像はWiFiを使用してスマートフォンに送られてリアルタイム(といっても若干のディレイはあります)で機体からみた画像を確認しながら飛ばすことが出来ます。機体にはストレージは無く静止画や動画はスマートフォンのライブフィードを保管します。手間いらずですが画質は期待できません。


光量が豊かな動画を撮るために屋外でちょっとだけ浮かしてみました。屋内だと、かなり暗い画になってしまいます。

操縦は付属のコントローラーでもスマートフォンでも可能です。コントローラーで操縦を行い画像はスマートフォンに流すことも可能ですがAndroidの場合は一工夫必要です。

操縦性能はCX-10Dとほぼ同じです。CX-10WD-TXの方が後から発売された機種であるためか、より安定している気がします。

[ iOSデバイスとの組み合わせ ]

iPod Touch (第5世代)を使用するとコントローラーの上にマウント出来てカッコが良いのですが、どうもiPodの処理能力に問題が有るようで動画が途切れ度切れになってしまいます。iPad Air2だと全く問題なくスムーズな動画が撮れます。きっと第6世代iPod TouchやiPhone 6SEならばベストフィットだと思いますが残念ながら持っていませんので試すことが出来ません。

CS-10WXD_iPod

[ Androidとの組み合わせ ]

純正アプリケーションであるCX-10WiFiを使用するとコントローラーとの併用がうまく行きません。スマートフォンを接続するとコントローラーの接続が切れてしまいます。

OEM供給していると思われる別の会社用が出しているPXY Wi-Fiアプリケーションを使用すると問題なくコントローラーとスマートフォンの併用が出来ます。

Androidでは比較的新しいデバイスを使用しているので画像はスムーズに取得できました。

[ おまけ ]

屋外で飛ばすとちょっとした風に翻弄されます。おまけ動画は頑張って風に立ち向かう様子です。旋回などもってのほかです。楽しく飛ばすためには本当に無風の時を狙わないといけません。やはり室内で飛ばしすのが良いようです。

日本のアマゾンでも売っていますが、技適が取れているかどうかは不明。もしかすると微弱電波で技適マークは要らないのだろうか?

UMO2もう何十年も腕時計を使っていないこともありスマートウォッチを使う気にはならなかったのですが、何故か今になって軽量なスマートリストバンドくらいなら手にはめてもよかろうと思い直しました。少し気にはなっていたところに上海に遊びに来たモバイラー友人がスマートリストバンドを使用していたのが決めてになりました。

適当に値段が安くて使えそうなUMOの新しいものを購入しました。液晶が0.96インチと大きめで表示できる情報量がやや多いのが良さ気です。

UMOの公式ページを探してみましたが見つかりません。FAQなどの情報やアプリケーションのダウンロードリンク、サポート窓口などは全て微信(WeChat)で統一されています。微信へのアクセスは例によってQRコード読ませるだけです。QRコードは紙の説明書に印刷されていますし、リストバンドの画面を長押しすることでも表示できます。

iPhone、Androidの両方がサポートされています。わたしはAndroid端末、小米Mi5を使用して試しています。

Bluetoothをペアリングしてアプリケーションから接続を行います。主な機能は以下の様なものです。

  • アクティビティトラッカー(歩数計と睡眠時間)
  • 通知機能(電話とSMSの着信)
    SMSは発信者とメッセージの冒頭部分が表示されます。一度通知されたメッセージを再度呼び出すことは出来ません。
  • さらにAccessibilityの中の「智能手环消息通知」をオンにすると微信のメッセージ通知を受け取ることも出来ます。

仕事で重要なSMSの着信があるので外出中にさっとリストバンドを見るだけで確認できるのはとても助かります。

SNSのサポートは微信とQQしかありませんが、中国に居る場合これだけで問題有りません。日本語メッセージも表示できるのでわたし的にはこれで満足です。

同じハードウエアを海外でも販売している場合、アプリケーションだけ海外向けの物に変更すると他のSNSも対応できる可能性もあるので探してみましたが残念ながら見つかりませんでした。それを調べているうちにiwownという中国メーカーのスマートリストバンドが海外に展開していて色々なノウハウも公開されているを見つけました。近いうちに試してみたいと思います。こちらの方が間違いなく世界的にメジャーなようです。

一週間ほど試していますが、電池の持ちは6.5日ほどです。もうちょっと持つと一週間に一度の充電ローテーションが組めるのでおしいところです。

ひとつ問題があって、頻繁にアプリケーションの常駐部分がなくなったり「智能手环消息通知」がオフになったりします。携帯電話を見た時に通知領域からアプリケーションのアイコンが消えていたら再度立ち上げるようにすることで、概ね問題はありません。これはもしかすると小米Mi5側の問題かも知れません。

 

HuaweiE3276
Raspberry Piから携帯電話のデータ通信に接続するべくUSBタイプのモデムHuawei E3276を購入しました。E3276を選んだのは実績があり手頃な値段で入手出来るからです。

到着した物はTモバイルのロゴが入ったものでした。初代Raspberry PiはUSBコネクターからの電力供給に不安があるので最初からバスパワーを供給したUSBハブを使用して接続しました。

ここで特別な手順を紹介するわけではありません。ただ、色々なツールやスクリプトが散在していて一番簡単に接続できたスクリプトにたどり着くのに少々時間がかかったのでメモ程度に記録しておくためです。

とりあえず接続してlsusbコマンドで存在が確認出来れば一安心です。

ID 12d1:1f01 Huawei Technologies Co., Ltd.

おそらくは、こんな感じで表示されます。この12d1:1f01はドライバーを導入するためのメディアモードとして認識されていることを示します。これをモデムモードにスイッチして適当なATコマンド(パソコン通信時代の方々にはお馴染みのモデムを制御する文字列)を投げかければデータ通信が出来るようになるはずです。さほど大げさなことでは無いのですが、ちゃんとした方法がなかなか見つかりませんでした。

最終的にはGitHubで見つけたhuawei-connectというPythonスクリプトを使用したら一発で接続できました。Readme.mdに書かれている通り、必要なツールやモジュールをapt-getで導入してhuawei-connectスクリプトにAPNを指定して実行するだけでデータ通信が出来るようになります。

lsusbで確認するとhuawei-connectがusb-modeswitchを呼んで以下のように変わっていることが確認できます。

ID 12d1:1506 Huawei Technologies Co., Ltd. Modem/Networkcar

ifconfigでwwan0にIP addressが割り当てられていることが確認出来れば成功です。もしエラーする場合はdebugオプションを付けて実行します。debugオプションでは詳細なメッセージをstderrに出力するのでスクリプトが何を行っているのかを確認するのにも有効です。

OldRentalSH

上海には(おそらく)行政区が行っているレンタル自転車がだいぶ前から設置されています。

最初は我が家でも使用していましたが、自転車が老朽化したり貸出カードが有料のものに変わったりで使用者は激減しました。その後、自転車はリフレッシュされましたが、あまり使用している人を見かけません。

NewRenatlSH

最近になって、オシャレなシャフト式の自転車を家の近所で見かけるようになりました。用车1元などと書かれています、どうも1元で貸してもらえるようです。それ以上の説明は書かれていませんが、何やらQRコードが付いています。

Mobike

SnailMobile2

SnailHK8SIM

以前、山根さんがブログ記事「中国SNAIL MOBILEの香港8日プリペイドSIM(2)中国でGFW越え可能、中国ボーナス1GB」で紹介さていたSIMが上海浦東空港T1の制限エリア外、誰でも入れる場所、にあるSnail Mobileの自動販売機で入手することが出来ました。自動販売機は出発ロビーを入って国際線チェックインカウンターの奥の壁にあります。

私が確認したのは2016年7月13日ですが、6月末に別の人が見た時には別の香港SIMであったようです。このSIMは香港CSL発行のものですがwebページにはローミングの1GBについては書かれていませんので、何時まで続くか分からないオマケ扱いかも知れません。

細かい内容については山根さんのブログの通りです。アクティベート(SIMを入れて立ち上げるだけ)すると、まったく同じ内容のSMSが届きました。APNは説明書に書いてあるのと違うものが自動設定されて、それでつながっています。

因みに外箱にはアクティベート期限が30/06/2018と書かれています。あと2年ありますので買い貯めも可能ですね。

また、「このカードは国外での使用がサポートされています、中国大陸ではアクティベートおよび使用は出来ません」などとも書かれています。

CSLのサイトに電話番号とPINでログインすると使用状況の確認とチャージ、追加パッケージの購入が出来ます。

カードのステータスを確認するとサービスの期限は8日間ですが、カード自体は半年間有効なようです。チャージ額は48ドル、データ量はローカル(香港) 5120MB, ローミング 1048MBが初期状態です。

追加購入可能なパッケージは以下の2つでした。

  • Extra 5-Day Pass $48
  • Roaming Data 1-Day Pass (100MB) $40

5日間延長して最初に付いているようなローミングが出来るかどうかは不明です。それより30元でもう一枚SIMを買ってきた方が得なのは明らかです。パッケージについてはお試し購入する予定です。それについては後日書き足します。

追記) Extra 5-Day Passを試しに購入しようとしていますが “Your request cannot be processed in this moment. Please try again later.” と表示されてしまいます。日を改めて試しても同じです。使いきりだけということなんでしょうかね。

追記2) 8日間が経過しても半年間は電話番号は生きていて最初の48ドルのチャージも有効です。おそらく追加チャージも可能です。データ通信は使えませんがSMSとか通話用には使えます。

GoogleTimeLine
中国で使用しているAndroid携帯電話でGoogle Mapsのロケーション履歴を残すべくタイムラインを開くと中国では使えないと言われます。国外に出れば大丈夫かと日本にてWiFiルーターを使用して試してみても同じことを言われてしまいます。色々と試してみるとSIMが問題のようでした。ということで、上手く行った事例を2つ紹介したいと思います。

[ 小米Mi5を日本への短期滞在で使用したケース ]

  • SIM1は中国移動のSIMをローミングで電話とSMSの待ち受けで使用
  • SIM2にドコモMVNOで中国で再販されていた物を入れてデータ通信用に使用
  • 再起動後にSetting/Installed appsでマップ(Google Map)を選択し、Force Stop(強制終了)とClear dataを実行
  • Googleマップを立ち上げてタイムラインを開きロケーション履歴を「オン」にする

以上でロケーション履歴が記録されました。ただし2日ほどしか使用していないため継続的に使用できるのかどうかは不明。当然、ドコモSIMのみの運用なら問題無いと思います。

[ 中国国内で履歴を残したい ]

上の方法と同じく、小米Mi5でSIM1を中国移動の音声及びデータ通信(VPN使用)、SIM2はダミーとして契約切れドコモMVNOのSIMを入れたところ上手くロケーション履歴が残ったり、まったく記録できなくなったりと不安定な状態でした。最終的にはロガー専用デバイスとしてNexus 6を使用し以下の方法で安定稼働出来ました。

  • Nexus 6に契約切れドコモMVNO SIMを入れた
  • WiFi接続を行いVPNもしくは何かしらの方法で壁超えをする
  • 上の手順と同様にマップの強制終了とデータ消去を行う
  • Googleマップを立ち上げてタイムラインを開きロケーション履歴を「オン」にする

< ネットワーク接続なしでロガーとして機能する >

これで準備完了です。特筆すべきは、このNexus 6をネットワーク接続なし(ただしWiFiはオン)で持ち歩くだけでロガーとして機能するということです。自宅に戻った時にVPNを経由したネットワーク接続を行うだけでロケーション履歴がアップロードされます。とりあえず3日間半(そのうち一日は200Km以上の移動を含む)、ネットワーク接続なしでも問題ありませんでした。ネットワーク接続無しだと電池の減り方も少ないのでロガーとしては優秀です。電池の減りを気にしなくても良いことを生かせば中国以外でも活用出来る方法かも知れません。

< 中国での位置情報のズレがある >

中国の地図とGPSの座標系にはズレがあります。Google Mapsで使われている地図にもズレがあり補正されて正しい位置を表示するようになっています。現在地を表示しようとすると、最初にズレた位置が表示された後に補正が入ったりするので頑張って補正している様子が分かります。

ロケーション履歴ではズレたままの位置が記録されますので、ビルだの公園といった細かいランドマートの記録は自分で編集しないかぎりあてにはなりません。何百キロも移動した時の軌跡表示ならば全く気にはなりません。

小米 Xiaomi Mi5のROM焼きガイドのUNLOCKED BOOTLOADER手順では特別なUSBケーブルを使用すると書いてありますが、ケーブル自体の詳細は書かれていません。

で、Forumに質問を投げかけると数時間のうちに回答が得られました。

AliExpressというサイトでオーダー可能ということでした。どうもQualcomm chipを使った小米携帯電話に共通して使えるケーブルのようです。

中国の通販サイトtaobaoでも「小米bl锁刷机线」あるいは「小米深度刷机线」というキーワードで沢山のケーブルが見つかります。適当にその中のひとつをオーダーして到着したのが下のケーブルです。USB Type-Cの変換コネクターが2つも入っていたのが、ちょっと嬉しい。

XiaomiCable

手順通りにMi5の電源を切り、ケーブルのポタンを押したままMi5に接続、数秒後にボタンを離すと、あら不思議XiaoMiFlashからデバイスが認識されました。デバイスマネージャーで見るとこんな風に認識されています。色々と調べてみると、この9008というインターフェースはEDLモードと同じものらしいです。

MiSpecialCableDeviceMgr

このままXiaoMiFlashでflashボタンを押してみましたが、errorになってしまいROM書きは出来ませんでした。現在の所、必要としていないので上手くいかない理由の追求はしていません。

[ このボタンは何をしているのか? ]

次に、このボタンの仕組みを解明してみます。といっても、テスターで各線の導通チェックをしただけです。結論としては、ボタンを押すと+D (緑)とGND(黒)のラインがショートするようになっていました。このケーブルが入手困難な場合は自作することも難しくは無いと思います。<- ちゃちゃっとテスターで調べただけで、自作しての再現性を確認はしていませんので信頼度50%くらいに考えておいてください。

追記) 最初に紹介したスレッドのコメントでケーブルの作り方が紹介されていました。+DとGNDのショートで間違いないようです。

 

4月初めに一瞬公開された最初のGlobal ROMを入れた時と状況が変わっています。新たに購入したMi5 (自分の物に非ず) China Stable ROM 7.5.4.0を本日公開されたばかりのGlobal Stable ROM 7.5.2.0に上書きするにあたり以下の新しい手順書を参考にしました。

[ Bootloader Unlock ]

小米のBootloader Unlockは申請制でアカウント毎に許可が必要となります。実は4月にGlobal ROMを入れた際に同時にUnlockの申請を行っていました。その時は許可が降りる前にEDLモードによるROMの書き換えを行ったので使わずにいました。

参考スレッド : [Tools, Tips & Tutorials] [MIUI DEVICE TEAM] How to Unlock Bootloader of Mi5

< Xiaomiアカウントと端末の紐付けが必要 >

やっと、活用の機会が来たということで新しいMi5を接続してアンロックしようとするとDeviceのVerifyに失敗したとメッセージが出ます。再度Mi5を普通に立ち上げMiアカウントにログインさせてしばらく放置した後にアンロックを行うと成功しました。どうもアカウントと端末の紐付けが必須のようです。

[ Flash ]

デバイス・ドライバーで苦労する方が多いようですが、新しい手順書のドライバー導入手順はかなり明確に書かれているので問題が少ないような気がします。私は4月の時点でドライバーが入っていたのでドライバーの導入はスキップ出来ました。

http://en.miui.com/a-234.htmlの”Xiaomi Mi 5 Latest Global Stable Version Fastboot File Download”からダウンロードしたファイルはtarで固められています。これを展開しておきます。(Note: Chromeではダウンロード出来なかった)

  • 手順書に貼り付いているMi Flash Tool -BetaをWindowsに導入します。
  • Mi5をFastbootモード(電源オフからボリューム下と電源オン同時押し)にしてUSBケーブルを接続する。
  • XiaoMiFlashを起動しrefreshボタンを押してデバイスの情報が表示されたら準備完了。
  • selectボタンにて展開したfastbootイメージを指定。
  • 右下でclean allを選択。
  • flashボタンでROM焼きが開始される。

XiaoMiFlash

しばらく待つと端末が自動的に再起動して完了です。

[ Bootloader 再ロック ]

< Bootloaderがアンロックされた端末はMiアカウントへのログインが必要 >

初期設定の過程でBootloaderがアンロックされていることを認識しているようで端末の情報からMiアカウントの番号が自動的に表示されログインしなければ先に進むことが出来ませんでした。設定完了後にログオフすることは出来ますが、友人の端末ですしBootloaderをロックしておくことにしました。

fastbootモードでPCに接続し”fastboot oem lock”を投入すればOKです。

これで再度初期化を試してみたところMiアカウントのログインはスキップ出来るようになっていました。

 

友人から依頼されて新しいMi5をChina Stable ROM 7.5.4.0をGlobal Stable ROM 7.5.2.0で上書きしました。それに先立ち最新情報を調べてみると、前回の記事「小米5 Xiaomi Mi5にGlobal ROMを入れた」に書いた内容は全く役に立たない事がわかりました。

  • EDLモードが無くなっているらしい(fastboot oem edlを試したけど効かなかったです)
  • 前回の記事でリンクしたForumのスレッドが読めなくなっている(EDL前提なので当然かも)

改めて情報を探して見ると、

Fastbootイメージの公式リンクはChromeでクリックするとMIUIのトップページが表示されてしまいます。Safariだとちゃんとダウンロードが始まるので、うまくダウンロード出来ない場合はブラウザーを変えて試してください。

ということで、今回はBootloaderをUnlockしてGlobal ROMの上書きを行いました。それについては別途書きたいと思います。

試してはいないので何とも言えませんが、他にも2つほど使えそうなスレッドがあります。

実は一度、https化を止めてhttpオンリーに戻そうと思いましたが、このブログのGoogleでの検索結果がすでにhttpsになっていたので後戻りはしないことになりました。

[ アマゾン・アフェリエイト対策 ]
正しい方法かどうかは分かりませんがhttps://rcm…の部分を//rcm…に書き換えるとリンクが表示されるようになります。ウィジェットなどの固定部分は手作業で書き換え。記事中のリンクはWordpressのプラグインを書いてダイナミックに書き換えを行うことにしました。安全性、信頼性を保証出来ないのでプラグインは非公開とします。
他にもセキュアでない要素が残っていますが、ぼちぼち対応していくことにします。

[ Lets Encrypt証明書再取得 ]
再取得も新規取得も手作業であれば同じ事ですが、前回の記事を書いた後に随分と便利なクライアントが数多く公開されました。今回はそのなかの一つであるzerosslを使用してみました。Linuxの実行環境など必要なくwebサイトの画面に従うだけで簡単に証明書を作成出来ます。私が行った流れを簡単に紹介しておきます。

  • https://zerossl.com/ を開く
  • CREATE ONLINE
  • FREE SSL Certification Wizard – START
  • Details – Domains を設定、わたしの場合は www.nkozawa.com を使用。HTTP verificationを選択、Accept ZeroSSL TOS, Accept Let’s Encrypt SAにチェックを入れる -> NEXT
  • Include non-www version too? のダイアログにNoを答える。これをYesにするとnkozawa.comも証明書の対象になる。
  • 念のためCSRをコピー – NEXT
  • 念のためPrivate Keyをコピー – NEXT
  • Verification – 前回の記事と同様に指定された内容のファイルをwebサーバー上にセット。ファイル名をクリックして正しくファイルが設定されたかどうか確認。- NEXT

以上で証明書が作成されます。最後の画面のPRIVATE KEYとCERTIFICATEをCORESERVERのSSL設定に書き込みます。

  • PRIVATE KEYをプライベートキー[パスフレーズ無し]にコピー
  • CERIFICATEを発行された証明書(必須)にコピー
  • 発行された中間証明書(任意)に上でコピーしたものの後半部分のCERTIFICATEをコピー。実際にはわたしの場合は前回設定したものと同じでした。

あとはGoogleカレンダーに次の更新予定を書き込んで終了です。