Dropbox

実は本格的な空撮ドローンには若干興味を失っていてトイドローンをRC飛行機のように飛ばす方に魅力を感じていました。とは言うものの各社の新製品は追いかけていました。DJI Sparkのグランドセントラル駅での発表ビデオも当然の如く観ました。小型で300gという重量は家族旅行にも気軽に持っていけることに魅力を感じました。加えてジェスチャーによるコントロールは画期的なものと言って良いでしょう。値段も戦略的で、二軸ながらジンバルも付いていてセルフィードローンと 比較出来る価格は立派です。

各国の価格を比較すると中国人民元での購入が一番安いことも手伝って購入を決めました。

[ Spark Fly More Comboに買い足すべきもの ]

バッテリー
Fly More Comboには2つのバッテリーが付いていますが、聞くところによると現実的な飛行時間はひとつのバッテリーで10分強とのことです。2つではとても足りないのは目に見えています。また、充電器はバッテリー3個を同時に充電できるようになっています。追加バッテリーを最初から買っておくべきでしょう。

バッグ
ショルダーバッグが付属していますが、Spark本体を無造作に放り込むタイプでかなり不安です。中国製で良いものがいくつか出ていますので、そのうちのひとつを買いました。92元(やく1500円)と格安ですが、十分に使えるものです。

フード
日光の元で携帯電話の画面を見るのは苦労します。簡単なものを買いましたが、装着していると画面の端にタッチするのが難しいので、別の形のものを試す予定です。DJIからMavic用の物が出ているので、店で聞いてみましたがSparkでは使えないとのことでした。まだ工夫の余地ありです。

OTGケーブル

RC(送信機)と携帯電話はWiFiで接続するように説明書には書かれていますが、ときおり接続が切れたりするそうです。RCと携帯電話を有線で接続すると良好とのことです。接続にはOTGケーブルというものが必要です。DJIからも純正パーツとして出ていますが、家にあったものを使用しています。RC側にOTGケーブルを接続して、携帯電話側は普通のケーブルを使用します。

[ 飛行の前に ]
まずは携帯電話上のアプリケーションDJI GO 4からアクティベーションを行います。Fly More Comboの場合は、機体とRCは自動的に接続されます。携帯電話とRCをWiFiで接続してアクティベーションを行います。この時はSIMが入っていてデータ通信が行える携帯電話を使用することをお勧めします。

アクティベーションを行った後にDJI Careに加入しました。アクティベーション後24時間以内に加入しないと行けません。

オフライン地図のダウンロードも行っておきました。オフライン地図のダウンロードメニューはすぐに見つかりますが、ダウンロードのメニューが中国の地図だけになったり、その他の地域だけになったりして戸惑いました。これは機体の設定画面で中国の地図を使用するかどうかの設定によります。日本の地図がダウンロード画面で見つかりませんが、そういうものなのでしょうかね?

MINISO(メイソー)のVRゴーグルを利用して楽しめるコンテンツには2つの種類があります。両眼に別々の画像を見せる立体画像、それと頭の向きを変えるとそれに応じた方向の画像が見られる(いわゆるVR)ものです。

コンテンツはYoutubeでVR、あるいはCardboardのキーワードで検索すると見つかります。またGoogleが提供しているCardboardアプリケーションでも手軽にコンテンツを楽しむことが出来ます。

Cardboard対応画像の場合はCardboardに付いているコントロール・ボタンで操作するようになっています。ところが格安VRゴーグルにはそのためのボタンが付いていません。そこでMINISOのVR GLASSにCardboard互換のコントロール・ボタンを付けてみました。とても簡単ですし、他のVRゴーグルにも応用可能と思いますので紹介します。

必要なのは台所にあるアルミ箔と両面テープだけです。

アルミ箔を使用して下のような形状にまとめます。

固定用の両面テープを貼り付ける。

VRゴーグルの中央、上側に固定します。

以上で完成です。

関連記事: MINISOのVR GLASSは使える

中国通の間にはおなじみのMINISO(メイソー、名創優品)は、なんちゃって日本の会社風な売り込みで中国国内だけでは無く海外にも多数展開している100円ショップ的なお店です。看板や内装はちょっとユニクロっぽく、主な客層は若い女性で化粧品や雑貨を中心に販売しています。それだけではなくモバイルバッテリー、イヤフォン、自撮り棒などガジェット系グッズも次々と新製品を送り出しているので目が離せません。

そんなMINISOがVRゴーグルを出しているのをTwitterで知り、すぐに買いに走りました。

値段は29.9元(500円弱)とお手頃です。箱にはDesigned by Japanese Companyと書かれていますが、ほんとうかどうかはよく分かりません。

一般的なVRゴーグルで内側には2つのレンズが付いています。

ゴーグル上部にあるダイヤルを回すとレンズが動くので見やすい位置に調整します。

携帯電話をはめ込んで使います。

Nexus6を装着したところ。


Redmi4を装着したところ。

6インチのNexus6でも5インチのRedmi4でも問題なく使用できます。

かなり綺麗に見えます。Google Cardboardよりはるかに良いです。もっとも、わたしは近眼で軽く老眼が入っています。そのわたしが裸眼で装着して綺麗いに見えす。すべての人にとって調子良いかどうかはよく分かりません。

関連記事: MINISOのVR GLASSにコントロール・ボタン(Cardboard互換)を付ける

Apple Musicについて今更説明の必要は無いでしょう。そのApple Musicの中国版が他の国と比べて格安であることを知りました。

個人 ファミリー 学生
日本のApple Music 980円 1480円 480円
中国のApple Music 10元(約163円) 15元(約244円) 5元(約81円)

安いなんてものでは無いです。10元だと中国ファミマの薄いコーヒー一杯の値段です。中国在住者ならば加入しておいて損は無いでしょう。

Apple製品を使用していれば、みなさんApple IDを持っていることと思います。ところがApple IDは国ごとに違っています。例えばiOSのApple Storeは国によって登録されているアプリケーションが異なりますので、中国だけでしか公開されていないアプリケーションをダウンロードするために中国のApple IDを作成されているかたも多いと思います。

中国のApple Musicに加入するためにも中国のApple IDが必要です。ということで私も中国のApple IDを作成するところから初めました。

国外のApple IDの作り方は「シャンハイリンゴ」に詳しく書かれていますのでご参照下さい。

最初、カードなどの支払い方法を指定しないままApple IDを作りましたが、このままではApple Musicの試用期間も開始することは出来ませんでした。まずはお手軽な支付宝(最近話題の小額決済システム)を紐付けしようとしましたが、何故かうまく行きませんでした。またiTunesカードの登録も試そうとしましたが、登録する前に中国の身分証番号による実名登録が必要でした。最終的には銀聯カード(中国国内の普通の銀行カード)を紐付けして無事にApple Musicを使用できるようになりました。

Apple Musicの内容も国ごとに違うようです。中国のApple Musicは中国ポップスには当然強いですが、日本の曲は入っていますが極めて少ないです。洋楽については豊富なようですがバンド名、曲名が中文になっていたりするので慣れないとちょっと大変です。

ちなみにApple MusicはAndroid携帯電話用のアプリケーションもあります。Apple製品を一切持っていない方でも楽しむことが出来ます。

中国で飛行重量250g以上のドローンを飛行させる場合の実名登録が2017年6月1日から開始されました。実際の罰則規定は2017年8月31日以降に開始されますので、それまでに登録を完了し、登録番号とQRコードを機体に貼り付けておかなければなりません。

Real name registration for flying drones with a flight weight of 250g or more in China began on June-1-2017.
Actual penalty provisions will start after August-31-2017, so you must complete registration and put the registration number and QR code on your drone.

注目の小型ドローンDJI Sparkも飛行重量300gですので中国国内で飛行させるには、この登録が必要です。

Flight weight of DJI Spark is also 300g, this registration is necessary to fly it in China.

まずは外人的に気になる所を箇条書きしておきます。
– 実名登録は日本のパスポート番号で問題なく行えました
– 住所の登録は海外でも大丈夫そうです
– 中国の携帯電話が必要です、登録時にSMSで認証コードを送ります、日本の携帯電話を入れてみましたが携帯電話番号が正しく無いと言われてしまいました。
– ドローンは自作ドローンも登録出来るようになっていました、メーカー製だとドロップダウンリストから選択します
– 登録画面は今のところ中国語だけです

I list some items for foreigners.
– Real name registration could be done without problem with Japanese passport number
– Registering an address seems to be OK even overseas
– I need a Chinese mobile phone number, Need to receive an authentication code by SMS at the time of registration, I tried to use a Japanese mobile phone number but it was not accepted.
– Handmade drone was supposed to be able to register. If you use a drone made by manufacturer, you can choose from the drop down list
– The registration screen is currently only in Chinese

実際の登録 (only in Japanese)

URL: https://uas.caac.gov.cn/

かなり素直な作りですし、特別にIEを要求されるような事もありませんでした。私はmac OSのSafariで登録しました。大きな流れとしては「用户注册」画面で個人の登録を行い、その後でドローンの登録を行います。個人の情報スクリーンでは携帯電話とユーザー名以外は後からでも変更可能です。

当然、複数のドローンを管理できます。自作ドローンとメーカー製ドローンで別々の登録画面があります。メーカー製ドローンの場合、メーカーと型番をドロップダウンリストから選択しますが、メーカー名も中国語で表示されるので別途調べておかなければなりません。私の場合Parrot Bebopを登録しましたが、Parrotは「派诺特」と中文表記されることを知っておかないと見つけられません。メーカー製ですと重量等は予め登録されているので、シリアル番号だけ登録すれば良いです。

登録後QRコードを生成します。予め登録したメールアドレスに注意事項と共にQRコードが送られてきます。またドローン管理画面からQRコードをダウンロードすることも出来ます。

Raspberry Pi Zero W用に準備したLCDディスプレイは7インチ、解像度800×480、HDMI接続、タッチパネル付きです。とりあえずRaspberry Pi Zero WにHDMIで接続すれば画面を表示することが出来ます。ただしVGA(640×480)モードで立ち上がっています。PIXELを立ち上げてみれば一目瞭然ですが、コマンドラインにおいても640×480のエリアしか使用していません。topや vimを立ち上げると右端を使用していないのがよく分かります。この状態でtput colsは80、tput linesは30を返します。

解像度やHDMIのモードは/boot/config.txtで調整します。ところがHDMIモードの一覧に800×480という組み合わせがありません。640×480で使用することも考えましたが、せっかくのタッチパネルに問題があります。タッチパネル自体は画面全体が反応しています。そのため横方向が一致しません。物理的な画面の一番右端をタッチすると640ドット辺りが反応してしまいます。

色々と調べているとRasberry PiのサイトにHOWTO:Create Custom HDMI modesという記事があるのを発見しました。これに従い、私の場合/boot/config.txtに以下の行を書き込むことにより800×480がフルに使用できるようになりました。
hdmi_cvt=800 480 60 1 0 0 0
hdmi_group=2
hdmi_mode=87

PIXELも完璧ですし、コマンドラインを使用する場合においても画面をフルに使用できるようになりました。コマンドラインではtput colsが100を返すようにになりました。

小型のスピーカーを見ると気になって仕方ありません。小米のWiFiスピーカーは手頃な値段でハイレゾDAC搭載、WiFiも5GHzに対応でスベック的にはとても魅力的です。ただ小米の格安スピーカーは購入してから音にがっかりした経験もあるので、上海の小米之家に実際の音を確かめに行きました。店内はうるさいので、ちゃんとした評価は出来ませんが、わりと良い感じで鳴っていました。ということで、後日あらためて通販にて購入。

使用できるストリーミング・サービスを考えると中国専用機ではありますが、簡単に紹介したいと思います。

小型スピーカーには違いませんが、そこそこの重量と大きさがあります。またAC電源のみということで、完全に据え置き型です。小型ながら2wayでバスレフ付きなので、低音がよく響きます。ちょっと低音の味付けが濃すぎる気もしますので、アプリケーションのイコライザー設定を「treble」にしています。音質は気に入っている古いJBL on-tourと比べると、どこか味気なさを感じなくもないですが、ほぼ気のせいレベルです。

[ ハイレゾ対応 ]

DACの種類は分かりませんがwebページによると24bit/192KHz対応と書かれています。一応、手持ちの24bit/192Khz flacなファイルを本体内蔵メモリーに入れて再生は出来ました。残念ながら、何時も調子よく再生されるわけではなく途切れ途切れになることもありますので、あまり期待は出来ません。

[ 操作性 ]

初期設定および細かい操作はiOSもしくはAndroid上のアプリケーションで行います。一度設定すれば本体の上に付いている操作パネルだけでも使用可能です。アプリケーションで好みのソースにある音楽を組み合わせてチャネルとして登録します。そうしておくと本体の操作パネルのボタンだけでチャネルを切り替えたり、次の曲に飛ばしたりといった具合に操作できます。聞きたい曲をダイレクトに選んだり、チャネル登録操作、チャネルに登録していない音源を聞くにはアプリケーションからの操作が必須です。全波的には良く出来た操作体系だと思います。

[ ストリーミング・サービス ]

5つの音楽配信サービスと5つのストリーミングサービス(今ひとつちゃんと繋がらない)にアプリケーションからアクセス出来ます。その中のインターネット・ラジオや曲を選択して聴きます。良く聞くものはチャネルとして登録します。またアーチスト名や曲名で各サービスを串刺し検索することも出来ます。ひとつのチャネルに複数の音楽配信サービスやメモリー内の曲を混在させることも出来ますので柔軟な再生リストを作る事が可能です。

[ 内蔵メモリー ]

内蔵メモリーは8GBあります。潤沢とは言えないかもしれませんが、とりあえずそこそこの音楽ファイルを入れられます。内蔵メモリーはSMB(サンバ)でアクセスします。携帯電話のアプリケーションで親切にWindowsとmacOSからのアクセスの仕方が表示されますので、それに従いパソコンから接続してファイルの出し入れが出来ます。

[ USBメモリー ]

内蔵メモリーの容量が足りない場合はUSBメモリーを背面に差し込めばOKです。USBメモリーはストリーミングのアイコンに並んで表示されます。最初、ちょっとだけ探してしまいました。これ専用に小型で出っ張りの少ないUSBメモリーをオーダー中です。

[ ミニジャックによる外部入力 ]

背面にステレオ・ミニジャックがあるので、ここに携帯デバイスなどの出力を接続すると自動的にスピーカーから音が出ます。

[ DLNAレンダリング ]

DLNA対応と書かれていたのでDLNAサーバー上のファイルに直接アクセス出来るのかと思いました。それは私の勘違いでDLNAレンダリングをサポートしているのでした。対応アプリケーションを使用すると無線LAN経由で、このスピーカーから音を出すことが出来ます。Airplayの音声出力リストにも、このスピーカーが出てきて鳴らすことも出来ます。これはAirplayとDLNAレンダリングが共通の何かがあるのか、説明書には書いていないだけでAirplay対応スピーカーになっているのかは不明です。何れにせよmacOSやiOSデバイスから接続して音を鳴らすことも出来ました。

[ Bluetooth ]
aptXのような今どきのコーデックのサポートは無く、A2DPのみのサポートです。

2016年6月頃にKickstarterでbackingしたMacBook用の充電も出来るドッキングステーションMOFILY MARBLE DCS1が届きました。当初の予定では2016年9月の出荷予定でしたから、半年ほど遅れて出荷されました。加えて、関税がかかりにくい普通の航空便で来ましたので通関やら何やらで出荷後一月以上かかって2017年4月に到着しました。

これを入手する前は、給電機能付きのハブを使用していました。USBメモリーを使うだけなら、これでも事足りるわけですが電源と別々に持ち歩かねばなりません。

DCS1は普段使いの電源として常時接続しておけます。これでUSB 3.0 Aコネクターが何時でも使えます。加えてUSB 3.1 Type-Cはもちろん、HDMIで外部ディスプレーを接続したりMicro SDカードの読み書きも出来ます。大きさも標準の電源より少し大きいだけなので持ち運びにも便利です。わたし的には完璧なソリューションです。

DCS1本体にはUSB 3.1 type-Cコネクターが2つあり、ひとつはMacBook専用になっています。ハブの機能を考えれば当然ですが、このポートはUSB PDに対応しています。普通に(USB PDじゃない)携帯電話を接続しても充電にも使えます。もちろん、もう一方のtype-Cコネクターでも充電出来ます。ただしHUAWEI Mate 9は特殊な急速充電方式を持っているためか、どちらのtype-Cコネクターも充電には使えませんでした。Mate 9はUSB 3.0 Aコネクターに接続しなければなりません。

上の写真はRaspberry Pi用の液晶ディスプレイをDCS1経由でMacBookに接続してYouTubeを再生したところです。画面の狭いMacBookですから、いざという時に外部ディスプレイが接続出来るのは心強いです。

DCS1とMacBookを接続するための両側がUSB type-Cになっているケーブルは専用のものが付属していて、それを使用することが推奨されています。付属のものは短めなので手持ちのケーブルも試してみました。ちょっと細めの無印なケーブルでは外部ディスプレイを使用することが出来ませんでした。もうひとつUGREENという銘柄のものでは外部ディスプレイを使用することは出来ました。電流値などはツールが無くて計測できませんが、普通にMacBookは給電出来ているようでした。

タイトル的にはちょっと大げさですが、やっていることは単純です。Raspberry Pi Zero W用に小型のLCDディスプレー、キーボード、USBハブなどを準備して接続しただけです。

準備したハードウェアを紹介します。全て中国の通販サイトtaobao.comで入手したものです。

[ LCDディスプレー ]
193元(日本円約3000円)、7インチ、解像度800×480、HDMI接続、タッチパネル付き、USB給電。本体は220gほど、ケースを付けると370gと結構重い。

[ USBキーボード、カバー付き ]
49.8元(日本円約790円)、キーボード部分の幅203mm、USB接続。OTGケーブルが付属していてAndroid携帯電話に接続出来るようになっています。またケースのフタ部分には吸盤が付いていて携帯電話を固定出来るようになっています。キーストロークがあって、押した感じも悪くはありません。ところが実際に使ってみるとタイプしにくい。しっかりと深く押さないとキー入力されないので、時々キーミスしてしまいます。

[ 給電機能付きUSBハブ ]
28元(日本円約444円)、OTG USBハブ、給電機能付き。Raspberry Pi Zero WのマイクロUSBコネクターに直接接続できます。ハブに給電してRaspberry Piも駆動できます。ハブに接続するデバイスによってはRaspberry Piにも直接給電の必要があるでしょう。

[ 4Gモデム ]
随分前に買ったHuaweiのUSB LTEモデム。以前、Raspberry Piでテストだけしたもの。

[ モバイルバッテリー ]
手持ちの適当なもの。これはMINISOで買ったもの100元以下だったと思う。

それぞれの筐体をバラバラにして専用のケースを作ればUMPCらしくなるでしょうが、パワーマネジメントも無いですし、そこまではやらないと思います。

中国航空博物館の敷地の中央には、滑走路跡を利用したと思われるプロムナードがあります。その北の端に大きな格納庫を利用した展示館があります。航空機の兵装や搭載レーダー、近代的な戦闘機など盛りだくさんで20元の入館料はお得です。

撮影したほぼ全ての写真はFlicrkのアルバムChina Aviation Museumでご覧いただけます。

関連記事:
中国航空博物馆その1 – 行き方編
中国航空博物館その2 – 屋外展示
中国航空博物館その3 – 展示館1

IMG_20170219_131246

IMG_20170219_130554

IMG_20170219_130740